Profile
美味しいから。

好意を示したら

2017/05/30 11:46 くらし


好意で返してほしいと 思ってしまうのが

人情かも知れません。


わたしは

結婚当初

Tさんから あれこれ細かく 面倒を見て貰っていました。


彼女の場合は

年若い人の成長を 待つタイプでは無かったので、

目についた事は、すぐに言って来ました。

また ”歯に衣着せぬ”は 彼女の自慢でも有りました。


自分は頭が良いし(学業成績は良かったそうです)

優れているから 自分のいう事は正しい。

年上の男性にでも臆せずに、率直にものを言える自分は 

権力に媚びていないと、

辛辣な言葉を使う自分に 酔っている様な感じでした。


私には

結婚当初から 度々クレームが有りました。

洋裁学校の人に会ったら 先に挨拶をしなさい。

電話には すぐに出てきなさい等々

細かいことで 叱責されていました。

(彼女にすれば 注意して上げて親切だと 言いたいところかも知れません)

彼女は 潔癖症気味でした。


彼女が家に来ない日は

一日に何度となく 電話が掛かりました。

彼女は 

電話魔と言うのか

誰彼無しに 時間かまわずに電話を掛ける人でした。


とりたてて用があるわけでもありません。

私と「家族になった」のだから かまってあげたい。

そういう気持ちだったのかも知れません。


Tさんから ときどき

インスタントコーヒやお米をもらいました。

今の私なら 

付かず離れずの 当り障りのないお付き合いが 出来たと思います。


融通の利かない 22歳の私にとっては

ただの「大嘘付きの 小母さん」でしたし

それ以上でも それ以下でも無かったのです。

婚前の一番大きな約束を反故にして、

夫の実家かの様に 振る舞うのが不快でした。


こちらから

反論したり 意見を言ったりする事は出来ませんでした。

そうしていたら どうなっていたのでしょうか?

もっと早くに 私は自分の意見を言うべきだったのか?

今更ですが考えてしまいます。

私が Tさんに 心を開かなかったことで

後に わたしは痛い目に遭ったからです。



人間関係では

自分が好意を持っても 相手もそうだとは限りません。

相手との距離感が大切です。

長男の嫁は 結婚前に 

私たち二人に 義理の付き合いはしないと公言しています。


それは 余計な軋轢を生まない 

「生活の知恵」と言えるのかもしれません。


悪口のオンパレードの様になって恥ずかしいですが

大袈裟に言った訳では無く 事実です。


長文を 読んで頂いて本当にありがとうございます。




クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください